税金対策以外のサポート業務

税理士の仕事は税金に関する内容だけと思われがちですが、会社経営に関わるさまざまなサポートが受けられます。

たとえば年末調整のサポートもあります。1年に1回ある年末調整は、従業員の数が多くなればそれだけ作業時間もかかります。税理士にまとめて依頼しておくと、従業員から書類を受け取り、それを税理士に依頼するだけで年末調整の手続きが完了します。会社に専門のスタッフがいなければ、税理士に依頼したほうが書類の作成や税金の計算なども間違わなくて済みます。

ほかにも、市役所等に償却資産の申告、銀行等のやり取り、社会保険業務、労働保険業務、労務管理業務など細かい依頼も可能となっています。毎月の給与計算も税理士に依頼することが可能となっており、少ない人数で経営している会社や、経理にかかる費用を節約して税理士に一括して依頼したい場合などにも適しています。また、経営アドバイスを受ければ、現在問題となっている状態を改善し、経営状況を見直すことも可能です。なかには司法書士や弁護士などと連携を取っている税理士もいるため、問題があれば必要な専門家を紹介してくれるメリットもあります。

税理士は税金管理の業務だけでなく、実際には会社経営の多くに関わり、必要な業務は委託することができるのです。

税理士が対応する税金に関するサポート

税理士とは税金に関するサポートをする職業のため、税務申告から税務書類の作成、税務相談まで受け付けてくれます。基本の業務はこの3点となっており、税金対策のすべてをカバーしています。

税務申告の代理とは、税務署に確定申告の書類を提出することです。確定申告を税理士に依頼すると、書類に税理士の捺印がされ、どの税理士が対応したのかがわかるようになっています。会社が1年の途中であれば、確定申告の時期に申告しなければならず、多くの場合は会社設立からまとめて依頼しています。また、税務調査があった場合は、税理士も立ち会い、不服があれば申し立ても代理してくれます。税理士は同時に確定申告の書類も作成してくれるため、経営者は何もすることはありません。

税務相談とは、日々の帳簿の付け方を指導することや、節税対策まであります。税理士のなかには定期的に会社を訪問して、問題解決のための相談をしてくれる場合もあります。ほかにも電話やメールでの相談なども受け付けており、その費用は別途かからず一律料金としていることも多いようです。税金相談は必要以上に税金を支払わないための対策も可能となっており、脱税とならない対策を指導してくれます。

会社設立にかかわる税理士のこと

会社を設立するとなると、税金対策などいろいろな不安が出てきてしまいます。会社の経営には個人事業主とは異なる法人の税務や会計が絡んできますし、企業の経営に関する不安、開業自体に疑問を持っているなどの問題も出てくるでしょう。そんなときに頼りになるのが税理士で、会社設立の依頼から普段の税務対策まで相談できるメリットがあります。

リンク……会社設立支援・税務顧問に強い税理士ならアディーレ会計事務所

しかし、税理士といっても依頼したことが無い人にとっては、何をやってくれる存在なのかわからない、税理士はどこまで業務のことをサポートしてくれるのかかわりにくいと感じている方も多いことでしょう。会社設立で税理士に依頼しようと考えているなら、その前に税理士がどんな対応をしてくれるのか知らなければなりません。なかには漠然と税理士とは税金のことを対応してくれるということしか知らず、後々契約した税理士に疑問を持っている人もいるのです。税理士は会社設立から長く付き合う存在のため、まずは税理士がどんな仕事なのかを理解しておくようにしましょう。

いざ税理士に依頼しようとしても、調べてみるとたくさんの税理士がいることがわかり、何を相談したいのかが明確になっていないために、どの税理士に依頼したらよいかわからない人もいるのです。税理士は普段の経営状況を把握して税金対策をしたり、税務申告をしたりするだけの存在ではありません。どのようなサポート体制が得られるのか当サイトで紹介しますので、会社設立を考えている方は確認しておいてください。