税理士が対応する税金に関するサポート

税理士とは税金に関するサポートをする職業のため、税務申告から税務書類の作成、税務相談まで受け付けてくれます。基本の業務はこの3点となっており、税金対策のすべてをカバーしています。

税務申告の代理とは、税務署に確定申告の書類を提出することです。確定申告を税理士に依頼すると、書類に税理士の捺印がされ、どの税理士が対応したのかがわかるようになっています。会社が1年の途中であれば、確定申告の時期に申告しなければならず、多くの場合は会社設立からまとめて依頼しています。また、税務調査があった場合は、税理士も立ち会い、不服があれば申し立ても代理してくれます。税理士は同時に確定申告の書類も作成してくれるため、経営者は何もすることはありません。

税務相談とは、日々の帳簿の付け方を指導することや、節税対策まであります。税理士のなかには定期的に会社を訪問して、問題解決のための相談をしてくれる場合もあります。ほかにも電話やメールでの相談なども受け付けており、その費用は別途かからず一律料金としていることも多いようです。税金相談は必要以上に税金を支払わないための対策も可能となっており、脱税とならない対策を指導してくれます。