税金対策以外のサポート業務

税理士の仕事は税金に関する内容だけと思われがちですが、会社経営に関わるさまざまなサポートが受けられます。

たとえば年末調整のサポートもあります。1年に1回ある年末調整は、従業員の数が多くなればそれだけ作業時間もかかります。税理士にまとめて依頼しておくと、従業員から書類を受け取り、それを税理士に依頼するだけで年末調整の手続きが完了します。会社に専門のスタッフがいなければ、税理士に依頼したほうが書類の作成や税金の計算なども間違わなくて済みます。

ほかにも、市役所等に償却資産の申告、銀行等のやり取り、社会保険業務、労働保険業務、労務管理業務など細かい依頼も可能となっています。毎月の給与計算も税理士に依頼することが可能となっており、少ない人数で経営している会社や、経理にかかる費用を節約して税理士に一括して依頼したい場合などにも適しています。また、経営アドバイスを受ければ、現在問題となっている状態を改善し、経営状況を見直すことも可能です。なかには司法書士や弁護士などと連携を取っている税理士もいるため、問題があれば必要な専門家を紹介してくれるメリットもあります。

税理士は税金管理の業務だけでなく、実際には会社経営の多くに関わり、必要な業務は委託することができるのです。